名刺にまつわる失敗談

社会人になって第一印象にとても関わる物の一つが名刺でしょう

■女性歳 26

社会人になって第一印象にとても関わる物の一つが名刺でしょう。書かれている内容やデザインもその人を表す大事な物ですが、受け渡しをした際のマナーがしっかりと出来ているかによって印象が大分変わってきます。事前に正しいマナーを知って本番の時に失敗しないようにしたいものです。

私もまだ新人だった頃に失敗をしてしまいました。
それは名刺を渡す際に文字が自分のほうに向いたまま渡してしまったというかなり初歩的なミスです。
当時はとても緊張していたので気づかずにそのまま相手の方に渡してしまいましたが、すかさず一緒にいた先輩が上手く注意とフォローをしてくれたお陰で助かりました。
それ以降は、渡す前に名刺の向きをしっかりと確認して渡すようにしています。他にも危なかったのが名刺を頂いた時に、慌ただしかったのでついポケットにそのまましまいかけたことです。
寸前で気がついたので名刺入れにしまい直したのですが、そのまま入れていたらとても印象が悪かったでしょう。
皆さんも初めの挨拶である名刺交換のマナーをしっかりと守って良い関係を築けるようにして下さい。

Copyright (C)2017名刺にまつわる失敗談.All rights reserved.