名刺にまつわる失敗談

名刺で失敗した事と言えば、電話番号が間違えていたことです

■女性歳 46

名刺で失敗した事と言えば、電話番号が間違えていたことです。

以前私は広告代理店に勤務していて、名刺の依頼が多く業務に追われていました。
3人が校正していたのにもかかわらず、みんな見落としていてそのまま印刷をしたのです。
そして引き渡しの時も、お客様も気がつかなかったようでその名刺をそのまま使っていました。
間違えていた番号は一般のご家庭で、頻繁に会社名で電話がかかってくるのでその会社に問い合わせたそうです。
そこで電話番号のミスが発覚して、私たちはその会社と一般家庭に謝罪に行った記憶があります。もちろん手土産も持ってですが、その一般家庭の方がいい方だったので大事にはならずに済みましたが、相手が悪かったらどうなっていたか今考えても怖いです。
名刺は配り歩くものなのでミスをすると大変な事になるのでそれ以来電話番号は入念にチェックしたのは言うまでもありません。
電話番号のミスは2回ありますが、どちらもいい方だったので問題は起こりませんでしたが、信用にもかかわるので校正も3回はするようになりました。
今思い出しても冷や汗が出ます。

Copyright (C)2017名刺にまつわる失敗談.All rights reserved.