名刺にまつわる失敗談

私が名刺を初めて持ったのは短大を卒業して、会社に入ってからのこと

■女性歳 43

私が名刺を初めて持ったのは短大を卒業して、会社に入ってからのこと。
ある部署でちゃんと1ケース、渡してもらったのだけど、その時にはなんだかうれしかった。1ケース、何枚入りなのかわからないけれど、お友達に配っただけで、実際に取引先で、いわゆる名刺交換はしたことがなかった。それが、結婚してから、主人の父が会社を経営していて、しばらくは事務を手伝ったりしていた時、主人の父から主人の時代になり、私も名刺を持つことになった。
ある銀行にあいさつに行くからと名刺を持っていったのだけれど名刺交換してから、名刺ってすぐに片付けてはいけないことを知らず。こういう時のマナーとしては名刺入れの上のいただいた名刺を置いてお話するというのが正解で、誰もいない時に主人から出すように言われて、急いで出したことがあった。こういうマナーは知らないとちょっと恥をかいてしまうけど、一度、経験したら忘れないもの。それからはちゃんと名刺交換できるようになった。

Copyright (C)2017名刺にまつわる失敗談.All rights reserved.