名刺にまつわる失敗談

名刺にまつわる失敗談というと

■女性歳 37

名刺にまつわる失敗談というと、やっぱり自分がまだ新人のときにやってしまったことが一番大きな失敗だったと思います。
それは、ありきたりな名刺交換になるはずだったのに、風が突然吹いて、交換したばかりの相手の名刺が飛んでいってしまったのです。
それだけでも大失態なのに、その名刺の落ちたところが水たまりで(外での名刺交換でした)、名刺が水浸しになってしまいました。
慌てて追いかけて空中キャッチすればよかったのですが、風もきまぐれでキャッチできなかったのが非常に悔やまれます。お互いに「…」の状態。 とにかくひたすらあやまって、あやまり倒して再度相手の名刺をいただいたのですが、同行していた先輩にはあとでこってり怒られるし、本当に泣きそうになりました。

それ以降、名刺交換をするときにはしっかり握って離さないようにするくせがつきました。
いまでは笑い話ですが、当時は落ち込んでなかなか回復できなかった痛いエピソードです。

オススメワード

Copyright (C)2017名刺にまつわる失敗談.All rights reserved.