名刺にまつわる失敗談

名刺を受け取るとき、その受け取り方、非常に大事ですよね

■男性歳 37

名刺を受け取るとき、その受け取り方、非常に大事ですよね。
お取引様の名刺は、受け渡しをするときには、自分の名刺より絶対に上にあること。両手が開いているときには両手で受け取ること。自分の名刺の向き、初めてお会いする人に始めて行う作業で緊張したりするところがあります。自分は、ここで言ったことはすべて失敗してしまい、時にお客さんから、突然怒り始め、最初、なんで怒っているのだろう?と思ったりしたこともありましたが、後で先輩に聞き、自分の名刺のほうが上にあったことで、怒られたことがわかったこともありました。

ちょっとした礼儀だけど、とっても大事なこと。
でも、それ以外に、もっと大事なことが…それは、名刺を保管しておくその方法。自分はいつももらってきた名刺を机の上に置きっぱなしにしておき、それが放置されたまま。そして、次から次へと新しい名刺が蓄積されていき、そして必要なとき電話をかけたいときにすぐに見つからない。多分一番の失敗は、名刺をもらっても整理しておかないことだと思います。

オススメワード

Copyright (C)2017名刺にまつわる失敗談.All rights reserved.