名刺にまつわる失敗談

私は社会に出て最初に就いた仕事の時に頻繁に名刺を使うことがありました

■女性歳 26

私は社会に出て最初に就いた仕事の時に頻繁に名刺を使うことがありました。

その時は社会人になったばかりで、仕事の全てが新しく覚えなくてはならないこともたくさんあり、がむしゃらにがんばっていました。
名刺を交換するのも社会人になってからが初めてでした。
本などでは簡単に名刺交換の方法を読んではいたのですが、実際にしてみるとなると本通りには行きません。相手もそのときそのときでいろいろな人がいます。仕事に慣れていないこともあってうまく名刺交換をできないこともありました。
ちょっとパニックになったりすることもありました。
時には自分が想定していたよりも名刺を交換しなくてはならない人が多く、自分の不注意などで名刺の数が足りなくなることがありました。
名刺が足りないということは大きな失敗だと思います。とても焦りましたが、それをきっかけにきちんと準備しておかなければとうことも勉強させられました。

社会人としてしっかり名刺交換をできるようになりたいものです。

Copyright (C)2017名刺にまつわる失敗談.All rights reserved.