名刺にまつわる失敗談

昨年私は急きょ

■女性歳 52

昨年私は急きょ、名刺が必要になってしまったので、慌ててインターネットで注文したものを、いま使っています。
まったく相場も分からず、検索してトップにでてきた会社に注文してしまったのでどうやら、あまりいい買い物ではなかったみたいです。
その後、名刺作りに関する広告を見ると、私が注文したのはけっこう高かったことに気付き、また、その販売担当者にすすめられるままに、上質な紙に変更してしまい、パールが入ったような、ステキなピンクの名刺なのですが、名刺交換する際に、じっくりと紙質を判断するような状況はあまりないので次に作る際には、紙質アップは必要ないかなと考え中です。

また、これは友達の話ですが、昨年引っ越したこともあり、今年の4月に大学院在学中の名刺を作り替えたのについ先日、就職が決まり、今度はもうその仕事用の名刺が必要になるとのことで、余ってしまった前名刺はどうすればいいだろうと悩んでいるようです。
仕事や社交において必須の名刺ですが、なにかと失敗があるものですね。

オススメワード

Copyright (C)2017名刺にまつわる失敗談.All rights reserved.